大分県が『韓国産ヒラメ』を抜き打ち検査 。1グラム当たり『170万匹』の寄生虫が発見される。

韓国産のヒラメから基準超の寄生虫大分県が回収命令:朝日新聞デザイン

大分県は10日、同県豊後大野市の業者が輸入した韓国産の生食用活ヒラメから食品衛生法の基準を超える寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」が検出されたと発表した。

県は輸入された3100キロ(2862匹)の全品回収を同社に命じた。県によると、食中毒を引き起こす一種だが、今のところ健康被害の情報は寄せられていないという。

県によると、ヒラメは5日に輸入。検疫所が調べたところ、基準を超える1グラムあたり170万個の寄生虫が含まれていることが10日に判明。

大阪、京都、福岡、長崎、佐賀、熊本、兵庫、奈良、大分の2府7県の10業者に卸されていた。詳しい流通先を調べている。

2015年8月11日01時01分
http://archive.is/vFMyY#selection-1103.0-1103.16

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*