キラキラネームにまつわる悲しい話…パイン君が生まれてから社会人になるまで…

キラキラネームにまつわる悲しい話…
パイン君が生まれてから社会人になるまで…

キラキラネームとは


キラキラネームとは一般的な読み方を無視した名前や西洋風の名前、
アニメや何かのキャラクターの名前、
完全な当て字などのことを指してキラキラネームといいます。

キラキラネームの中にも通常では考えられない名前を持っている人もいるようです。
中にはキラキラネームのせいで現状で大変な思いをしていたり、
名前をつけた親が後悔してる例もあるようです。

なぜキラキラネームをつけたがる?

昔は祖父や祖母にも相談して名前を考えて、
その画数をあとで調べるといった決め方が一般的でした。

しかし、今は漢字の意味はまったく無視して
画数や占星術で名前を決めるような本や雑誌の特集が溢れています。

また、子供のペット化”だと指摘する声もあり、
名前を一生背負っていく子供の気持ちを考えずに
単にカワイイからとペットの名前のように気軽に決めてしまうこともあるらしい。

キラキラネームにまつわる悲しい話

今回のキラキラネームのお話は男の子の「パイン」君。

名前の意味は立派なのかもしれない。
幸せを願ってつけたつもりかもしれない。

しかし、その名前を背負った日から、
その子は辛い人生を歩んでしまいました。

パイン君が一才のとき

ママ友
(パインくんって言うんだぁーこのお母さん大丈夫かなぁ??
ちょっと距離置こう・・・
それにしても呼ぶの恥ずかしいな・・・)

パイン君が小学生のとき

先生
「○○はおんくーん」

羽音
「先生、パインです・・・」

先生
「あ、パインくんね。ごめんね
(え!?パイン!?フルーツ???すごい名前だな・・・
この子の親モンスターかな。対応に気をつけよう・・・)」

パイン君が中学生のとき

同級生
「ぱいん、ぱいん、おっ??ぱいん??ぎゃははははは!!!」

パイン君が大学生のとき

合コンにて
羽音
「パインです。よろしく!」

一同
「え、名前パインって言うの??」
一同名前で盛り上がる

女子
「名前すごい印象的?かわいい?
(名前ちょーウケるけど呼ぶの恥ずかしい?彼氏にはないな)」

息子さん彼女ができたら
彼女
(自分の息子にパインなんて名前つけるってどんな親だろう・・・
彼氏の親が馬鹿ってやだなぁ?)
そして名前が原因で別れる。

パイン君が社会人のとき

重要な取引会議の初顔合わせにて
羽音
「○○パインと申します。よろしくお願い致します。」
取引相手
(・・・)
取引失敗に終わる。

キラキラネームをつけて後悔してる親もいる

最近増えているキラキラネームの子供たち。
実はつけた親たちの一割はすごく後悔しているそうです。

子供は一方的に名前をつけられるわけですから、
親くらいは自信を持っていてほしいですよね・・・

2017年のキラキラネームランキング

2017年まではキラキラネームの子供は増え続け、
どんどんと進化しているようです。

男の子

1位:碧空(あとむ)
2位:輝星(だいや)
3位:陽空(ひだか)
4位:心人(はーと)
5位:皇帝(かいざー)

女の子

1位:星凛(きらり)
2位:奏夢(りずむ)
3位:妃(ひな)
4位:美音(りずむ)
5位:希星(きてぃ)

読みにくい・読みづらい名前ばかりですよね。
この子達の将来が名前負けしないことを願います。

2018年はキラキラネームが減少している!?

2018年の男女別赤ちゃん命名ランキングでは
キラキラネームはあまりランクインしていません。

このことからキラキラネームのブームは
段々と落ち着いてきたことが分かります。

とりあえずよかったですね。

キラキラネームは改名できる

キラキラネームによってやむない事情が有る場合、
一定の条件が整えば改名することが可能です。

15歳未満であれば、親の同意があり条件が整えば
改名手続きをすることができます。

キラキラネームの読み方を変更する場合

読み方を変更する場合は住民票を置く管轄の役所にて
「読み方の変更手続き」をすれば読み方は変更できます。

名前そのものを変更したい場合

キラキラネームにより、
現状でやむを得ない理由があれば名前を変更することができる制度があります。
その場合、名の変更届をして、家庭裁判所に申し立て・審判が必要となります。

裁判所のホームページにて名の変更許可申立書を記入例と共に
ダウンロードすることができます。
必要事項を正確に記入し、戸籍謄本、
800円分の収入印紙を用紙に貼り家庭裁判所に提出します。

申立書には改名の理由を書く欄がありますのでその理由をしっかり書きましょう。
しかし、改名の理由として
気に入らないからとか恥ずかしいからといった理由は
正当な理由とみなされません。

その点をご注意ください。

名前は基本的に親が決めるので親の成り行きで決まってしまいます。
ただ目立つからという理由で子供にそんなキラキラネームを名づけたら、
かえっていじめにあったりするリスクを高めることになります。

一度名づけたら一生その名前で呼ばれるわけですし、
名づける方はそのことを念頭に置いて
その場のノリで決めるみたいなことは止めてもらいたいですね。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*